カレント

SKU
current
在庫あり

LEXUS NEW TAKUMI PROJECTで制作した繊細な彫刻のようなオブジェ

¥221,650

LEXUS主催のLEXUS NEW TAKUMI PROJECTは、日本各地で地域の独自性や技術を生かし、新しいモノづくりに挑む「匠」を応援するプロジェクトです。このプロジェクトは、2016年に始まり、プロジェクトのスーパーアドバイザー、放送作家の小山薫堂氏を迎え、ファッションジャーナリスト・アートプロジューサーの生駒芳子氏、そして、意と匠研究所のデザインプロヂューサーの下川一哉氏がサポートメンバーとしてプロジェクトに選ばれた匠の方々の作品作りにサポートする役目になります。

3年目となった今回は、全国47都道府県から50名の匠が選ばれました。

2018年夏、レクサスギャラリー高輪でキックオフセッションが行われました。そして、サポートメンバーが選ばれた匠の工房に訪ね、制作アイデアのコンサルティングを行われました。

2019年、1月24日に、東京ミッドタウン日比谷で、匠の方々が手掛けてきた作品が発表されました。

モノサーカスの代表、武石 一憲が福岡県選出の匠として選ばれ、サポートメンバーの下川一哉氏からの応援のもと、3Dプリンティング技術で作られた彫刻作品 「カレント」を作り上げました。

海の底にダイナミックに動く魚の群れをイメージしたこの繊細なオブジェは、モノの集団的な関係性や動き、言い換えればネットワークに着目し、その運動状態をできるだけ自然に感じられるよう注意をしながら形を作っていきました。手で彫刻することはもちろん、3Dプリンティング技術でも作品の細部が製造限界に迫る、困難な構成・構造になっており、何度もデザインの修正を行いました。繊細かつダイナミックな要素が見失われないように、細部と全体のフォルムを調和させた、アクセサリーの繊細さを纏うオブジェの制作は、最先端の3Dプリンティング技術でも一筋縄ではいかない挑戦の連発でした。

作品本体は、使用している3Dプリンターの製造限界に近いとても繊細なディテールとなっております。作品の保護と、海中の異世界の印象を作る目的から、30cm四方のガラスドームの中に入っています。円筒形のかたちにより、360度どの方向からも鑑賞いただけます。本体とベースプレートはネジ込み式で接合されており、傾けても本体が倒れることはありません。

ベースプレートには、色紙とアクリル板が敷かれており、水面のように作品をぼんやりと映り込ませています。

色紙は、本体を取り外すことによって変更可能となっており、インテリアのシチュエーションに応じて紺、グレー、黒、ピンクの4色に替えることができます。これにより、作品本体を変えずに作品の印象を変えることができます。

また、ベースプレートには、LEDライトが内臓されていて、ACアダプターを付けることで、夜間には照明を利用した演出を楽しむこともできるようになっています。潜水艇の中から夜の静かな海を見ているような感じがあり、昼間とは別の面白さがあります。

付属品:ガラスドーム ベースプレート(LEDx6内臓)12V1A小型ACアダプター、背景紙(グレー、紺、ピンク、黒)

本体素材:ナイロンプラスチック

「カレント」は、受注生産で販売しております。製造期間は、4~5週間が必要です。 お気軽にお問い合わせください。

その他の情報
販売方法オーダーメイド商品
材質ナイロンプラスチック
大きさ30 x 30 x 30 cm 付属品:ガラスドーム ベースプレート(LEDx6内臓)12V1A小型ACアダプター、背景紙(グレー、紺、ピンク、黒) 本体素材:ナイロンプラスチック
数量 / 1セット単品