メニュー

メタボールの製作

メタボールの製作

今回のニュースポストではモノサーカスの商品、メタボールの製作工程をご紹介します。

モノサーカスのオリジナル商品は、現在全て、
武石一憲とリム・シンイーがスケッチからコンピュータによるモデル製作までを行っています。
実際の製造に関しては2通りあり、
あまり複雑ではない商品の場合、モノサーカスの所有する3Dプリンターでプリントを行います。
モデルが非常に繊細で3次元的に複雑に作られている場合、高度な3Dプリンティングを専門とする製作会社に製造を依頼しています。
今回紹介するのは、私たちの所有する3Dプリンターでの製作過程です。

まず初めにアイデアをコンピュータによる3次元モデルへと変換します。
アイデアは、スケッチから始まったり、直接コンピュータ上でつくられたり様々な場合がありますが、
言葉でアイデアを表現できた時点で、だいたいアイデアが固まり、形にできる瞬間だと思っています。

 

次に3次元のモデルを3Dプリンターで読むことのできる形式に変換します。
この3Dプリンターはプラスチックを積層させて形を形成させるタイプなので、
モデルを約0.2mm間隔で水平にスライスし、プリンタのノズルが実際動く軌跡のデータを書き出します。 

モデルの表面と内壁、内側の塊部分等が、色分けされて表示されています。このように全ての断面が書き出されます。
断面によって、チェーンが通る部分が見えたり、見えなかったり、実際モデルがどのように作られているのかわかります。

 

次にこのデータを用いて、実際のプリント作業に入ります。最初の1時間が経過した状態が下の写真です。
ようやく下部ができてきました。
チェーンが通る部分もきれいにプリントされているのがわかります。 

2時間が経過しました。半分くらいが作られました。

3時間後にようやくプリントが終了しました。先ほどのデータ上で赤いラインで見えていた、
モデルデータの外側でノズルが通過する軌跡部分に
少し無駄なプラスチックが固まってしまっているのが見えます。

 

最後にそれらを削りとり、やすりがけの作業をします。このあとチェーンを通して完成です!